全然集客できていないWebサイトのタイトルタグとMETAディスクリプションのみ最適化したらどうなるのか?

全然集客できていないWebサイト、ページの内容は一切いじらず、タイトルタグとMETAタグのみ最適したらどのようになるのか? データを取りましたので公開します。これらの設定は手間もかかりますし地味ですが、製造業ホームページにも、ネットショプにも重要です。

タイトルタグとMETAディスクリプションとは?

タイトルタグとはそのWebページのタイトルを設定するタグで、METAディスクリプションはページの概要を設定します。通常、Webサイトを閲覧しているユーザーは、その存在に気づきません。でも、検索エンジンで検索をした際に、検索結果のリストには、タイトルタグが表示され、ページの概要としてMETAディスクリプションが使われる場合があります(いつも使われるとは限りません)


METAディスクリプション

私達はユーザーとして検索エンジンの結果一覧から「どのサイトをクリックしようか」と考えるときに、無意識に「より自分に関係がありそうで、有益そうな」Webサイトをクリックします。ですので、このタイトルタグとMETAディスクリプションの内容は、クリックされるかどうかに関わるとても重要な要素です。でも、通常、自社Webサイトを見ているだけではチェックしづらいですから、設定されているかどうかも、分かりにくいのですよね。

何も設定しないと、ソフトウェアが勝手に「無題のページ」などとタイトルを設定する場合があり、Googleでの無題のページコレクションを増やすことになるだけです。



タイトルタグとMETAディスクリプションを最適化する

●タイトルタグには、検索キーワードを含めます。そのため、予め、どのページをどの検索キーワードで対策するかを決めておきます。思いつきで設定していくと分からなくなりますので、Excelでページリストを作成し、対策キーワード、タイトルタグ、METAディスクリプションを最初に整理します。

●METAディスクリプションは、ページの説明ですが、重要なことはユーザーの興味を引く内容であるということです。答えを与えるわけではありません。クリックしようという気持ちになってもらうことが重要です。私は、METAディスクリプションは、興味を引くようなページの概要+共通文で構成しています。共通文は、その会社の強みを表す文です。必ず共通文を入れる理由としては、その企業の強みをモレなく入れたいからです。

●どちらも最適な文字数があります。また、全てのページの設定がユニークでなければなりません。(同じ文を使わない) このあたりのノウハウは多くの人が書いてますので、Googleで検索してみてください。



1ヶ月後の比較

この実験のポイントは、Webサイトの内容(見た目)を変えず、タイトルタグとMETAディスクリプションを最適化することでどう変わるのだろうか?ということです。タイトルタグとMETAディスクリプションを設定することは、難しいことではありません。でも面倒で、ユーザーに見えないですし、軽視されている方が多いと思います。

下記は、対策前後の2週間の比較です。※日付を連続で比較しなかったのは、GWを省きたかったからです。


アナリティクス

セッション(アバウトに言うとWebサイトを見た人)は106→168と58%増加しました。期間は2週間、もともと1日のセッションが少ない(10から15程度)ことを考慮しないといけませんが、ページ内を編集しなくてもセッションが5割増えるというのは、驚きです。※平均セッション時間については、熱心にサイトを見た数人が数値を引っ張ったと思われるため、悪化とは言えないと仮説。

では、その人達はどこからやって来たのか? というと下記のようにオーガニックでした。つまり、GoogleやYahooなどの検索エンジンから人がきました。

オーガニック流入

このことは、ページタイトルやMETAディスクリプションを最適化することは、検索順位があがる、ということを意味します。では、実際に、Googleの検索結果で、このWebサイトは多く表示されるようになったのでしょうか?下記の画面では、検索クエリ(ユーザーが検索した言葉)ごとに、Googleの検索結果に表示されているか、クリックされているかが分かります。


検索結果

ここで重要なことは、以前は2週間でGoogleの検索結果に424回しか表示されいなかったこのWebサイトが、タイトルタグとMETAディスクリプションを最適化したことで、2,634回表示されるようになったということです。

表示回数が増えた分、クリック率は下がっているため、クリック数自体はそれほど増えていませんが(13→35)、Webサイトはまず、検索結果に表示されなければ、何も始まりません。何が課題なのかも分かりません。

これらの設定は、Webサイトの見た目が変わるわけではありませんので、仕事してないように見えるかもしれません、が、地味ですが非常に重要だということが再確認できました。

投稿者:
更新:2020年05月23日