2021年8月のアップデート

当社ではひきつづき、WordPress Elementorで作るWebサイトの研究と実践を行っています。このようなページビルダーを使うことのメリットは、企業が簡単にWebサイトを更新できることです。デメリットは、Webサイトが重くなるとSEO対策に良い影響がない(もちろん、ユーザーにも)ということです。

では、「ページビルダーで作るWebサイトはどこまで高速化できるのか?」を現在研究中です。GTmetrixというツールで、Webサイトの高速化・最適化の程度を確認することができます。

右のWebサイトもWordPress Elementorで構築したものですが、Aランクに改善できました。

サイト高速化

WordPressとElementorでどのように軽快なWebサイトを構築できるのか?
●そもそも最初から軽いテーマを選ぶ
●使用するプラグインの数を限定する
●SVG、WebPなど軽量化画像フォーマットを使用する
●レスポンスの速いWebサーバーの選定
●キャッシュ活用、CSSやJavaScriptの遅延 など、多くのテーマが含まれます。

発見したことなどを、メールニュースでお伝えしていきます。ぜひご登録ください。

●引き続き、フィリピン開発者Nilを講師にElementorやWordPress開発の勉強会を行っています。今月は、セキュリティ、高速化について深めました。

●現在、この自社Webサイトをリニューアルしていまして、海外のクラウドサーバーDigital OceanとAmazonのCDNという構成を試してみようとしています。Webサーバーを変えるてCDNを活用することでどの程度Webサイトの高速化が可能か、実験です。

エレメンター勉強会

●ベトナムからのインターン生が来てくれています。彼女は日本の企業にインタビューし、企業をベトナムにPRする記事を書いてくださいます。お楽しみに!

●BowNow無料プランを活用して「待ちの営業を脱出する、まちだつセミナー」、次回は9/15(水) 15:00~です。お気軽にご参加ください。

IPアドレスから、企業名と住所を取得し、GoogleマップにインポートできるWebアプリを開発しました。

Googleマップ

9月もどうぞよろしくお願いいたします。

更新:2021年08月30日