オンラインショップ

集客、接客、成約までの一連の流れを考えた導線設計

ネットショップを運営する中で3つの大切なフェーズがあります。それは、集客、接客、成約です。

ネットショップを開店しただけでは、お客さまは訪れません。お客さまをどのような方法でお店に集めるか集客方法を考える必要があります。

ネットショップに訪れたお客さまは、どこに何があるか分かりません。商品の探しのサポートをしたり、商品説明の分かりやすさを伝えるのが接客になります。

お客さまが商品を購入したい時、カートボタンが分かりやすい位置になければ、ストレスを感じて他のサイトに移動してしまいます。成約を高めるためのナビゲーションを整理する必要があります。

このように、集客、接客、成約は別々の動きではなく、一連の流れになります。お客さまにスムーズにストレスなくネットショップを利用してもらう導線設計を行います。

クライアントのビジネスに寄り添う柔軟なカスタマイズ

ネットショップを構築した後は自社で運用を行うクライアントや、構築後も引き続きサポートをして欲しいというクライアントもいらっしゃいます。サポートの幅も全面的なものから部分的なものまで様々です。

構築するネットショップのシステムも、独自ドメインを利用して構築するシステムから、楽天やAmazonのようにショッピングモールのシステムを利用するものなど多種に及びます。

そのような中で、「自社ではこのシステムで構築する」という限定的な考え方はせずに、クライアントのビジネスに寄り添った形で柔軟なカスタマイズプランをご提案します。

詳しいWeb活用方法はこちら

オンラインショップの制作実績

独自ドメインを利用する、ショップサーブ、Future Shop2、Make Shop、カラーミーショップといったネットショップ構築システムや、WordPressと決済カートを連携したシステムの構築。楽天、Amazon、ヤフーショッピングなどのショッピングモールシステムを利用したショップ構築の実績が多数ございます。

制作実績一覧はこちら

オンラインショップのよくある質問

独自ドメインを取得する形でネットショップを構築するべきか、それとも楽天やAmazonなどに出店した方がよいのかが分かりません。
取り扱う商材や、今後のビジネス展開によって異なります。

この質問は、ネットショップをはじめようと考えている人のほとんどが持つ疑問ではないでしょうか?

一概にどちらが良いとは言い切れません。独自ドメインサイト、ショッピングモール、それぞれにメリット・デメリットがあります。それらを自分の状況下に置きながら考えることが大切です。
よくある質問一覧はこちら

オンラインショップ関連ブログ