現代の技術によるアバカの革新

参照:davaooriental.gov.ph

アバカは、フィリピンなどの熱帯諸国に特有のバナナの一種です。アバカ繊維は人々に生活を与え、その起業家精神に溢れた使用により彼らはその利益を得ます。

時間の経過とともに、他の産業が、環境中の他の物質の有害な影響を減らすのに役立つ、より有機的で自然な材料へのシフトに熱心に取り組んできました。この環境に配慮した需要のため、より多くの人々が製造業にアバカを統合しようとしています。彼らは、衣類、テキスタイル、家具、ノベルティアイテム、肉のケーシング、化粧品とスキンケア、エコバッグなどの幅広い製品を生み出しています。アバカの需要は止まらない。

アバカの引張強度を利用することに明確な関心を示している別の業界は、自動車部門です。国連食糧農業機関(FAO)によれば、アバカの繊維は、いくつかの自動車部品の強化成分としてガラス繊維の効果的な代替品として使用できます。


参照:science.ph

この例は、科学技術部産業技術開発研究所(DOST-ITDI)と韓国材料研究所(KIMS)が共同で実施したプロジェクトで、タギッグシティでテストされたTryk ni Juanです。この独創的なデザインは三輪車の再発明です。サイドカーとルーフの全体的な構造は洗練されており、構造はシンプルです。 Tryk ni Juanのサイドカーと屋根は、アバカ繊維強化複合材で作られています。このセットアップでは、アバカが代替屋根のコンポーネントとしてどのように使用されたかを確認します。


参照:Paul Icamina

参照:map-abcdf.com.ph

サイドカーとルーフの構造にアバカを使用して、発明者らは車両の総重量を大幅に減らすだけでなく、三輪車の燃料効率も改善しました。さらに、従来の車両の鉄骨構造に取って代わり、アバカの断熱性能を生かし、ドライバーとパッセンジャー双方の利便性を高めました。

アバカとエンジニアリングのこのクロスオーバーは、商業利用の準備が整っているわけではありませんが、未開拓のアイデアを開拓する鍵となる素晴らしい先駆的な旅です。イノベーションは、既存のテクノロジーの継続的な改善に向けられており、人々に最適な利便性を提供し、環境の保全に役立つより賢明なアプローチを提供します。誰が知っていますか?もうすぐ、私たちは家庭でアバカに出会い、より環境に配慮した環境にやさしい明日になるでしょう。


Resources:

  1. (n.d.). Philippine Abaca helps in global environment conservation. Retrieved June 30, 2020, from http://www.philfida.da.gov.ph/index.php/archived-articles/19-philippine-abaca-helps-in-global-environment-conservation
  2. (2016, July 2). Abaca to provide natural roofing for tricycle | Inquirer News. Retrieved June 30, 2020, from https://newsinfo.inquirer.net/793906/abaca-to-provide-natural-roofing-for-tricycle

投稿者:
更新:2020年09月05日