アバカの新しいアイデンティティ

参照:Experience Catanduanes

アバカやManila hempsはバショウ科の植物の種類です。この植物は多くの場合、熱帯地で育ち、ここフィリピンで見つけられ収穫されます。アバカはローム質で、豊富で緩く水はけの良い土壌のところで最も育ちやすいです。

アバカは最新のフィリピンの情報では最上位の輸出資源の一つです。さらに、フィリピンは世界的にも原料繊維の高い輸出実績のある国だと報告されています。フィリピンアバカロードマップ2018-2022によると、この商品から過去10年間で1年ごとに平均9,710万を産出しました。しかし、経済貢献以上にアバカの影響を受けたものは何でしょう?

 フィリピンのビコール地方にあるカタンドアネス島ではアバカ繊維が栽培され、2016年以来、地元経済にとってアバカが大切であること、地元民の生活源の役割をしていることや地元の文化や日常生活への影響を認識するために年に一度のアバカフェスティバルを祝っています。


参照:prep.da..gov.ph

1週間に渡るフェスティバルのお祝いは祝典や参加者を賛美し、繊維の豊富な収穫を感謝するためにImmaculate Conception Cathedralから始まります。その後、国会議事堂の敷地で観光と貿易の展示会が開かれ、ファッション、手工芸品、家具、特殊な紙、そして工学まで、様々な産業における繊維の多様性が見せられます。


参照:catanduanes.gov.ph

その後、ストリートダンスのパフォーマーのパレードや地元で作られたアバカの手工芸品が人々に展示される屋台の明るい色が通りをうめつくします。この部分は、地元の人々や観光客の歓喜と興奮を高めるための良い役割を果たすだけでなく、人々の才能と技能を通してアバカが作り出すことができる様々な顔も見せています。


参照:catanduanes.gov.ph

参照:Jhoezen Perez

参照:bicolstandard.com

2019年のアバカフェスティバルセレブレーションの期間中、その地域では、地元と国際的な環境でのアバカ産業と、フィリピン繊維産業開発局によるアバカ繊維の品質の持続可能性について議論された州条例案について取り組むサミットが実施されました。

これらの楽しいアクティビティやイベントの他に、このフェスティバルは就職説明会を通して団体に就職の機会を与えます。

このフェスティバルがただアバカを祝うだけでなく、人々に感謝するためにあることは明らかです。彼らの失敗、成功、物語、そして復元力が、今日私たちが目にするこれらのアバカで作られた製品に永遠に反映されることが アバカ農家と他の地域の努力により強調されています。つまりカタンドアネスの新しいアイデンティティは、アバカにより発見されます。


References:

  1. (n.d.). Abaca | plant | Britannica. Retrieved June 29, 2020, from https://www.britannica.com/plant/abaca
  2. (2020, March 14). Philippines retains top slot in global abaca production …. Retrieved June 29, 2020, from https://businessmirror.com.ph/2020/03/14/philippines-retains-top-slot-in-global-abaca-production/
  3. (2019, May 28). Float parade kicks off Abaca Festival in Catanduanes – BICOL …. Retrieved June 29, 2020, from http://www.bicolstandard.com/2019/05/float-parade-kicks-off-abaca-festival.html
  4. (n.d.). Abaca Festival | Travel to the Philippines. Retrieved June 29, 2020, from http://www.traveltothephilippines.info/tag/abaca-festival/

投稿者:
更新:2020年09月05日